ドコモの基本料金はなぜ高い?年間10万円安くする方法をわかりやすく紹介します

手続き




ドコモユーザー
auとかsoftbankに比べると高い気がするんだけどなんでだろう?
y's
それはプランが適正じゃない可能性が高いね。

格安SIMと同等の価格にするやり方もあるよ!

今回の記事では、実際に合った例を参考にしています。

内容は

データ量(パケットプラン)だけ両親と一緒にして、機種を安く買うだけです。

それだけで年130,000円安くできます。

*現在この方法はカケホーダイ系プランであれば変更可能ですが、新規受付は終了しています。

データ量を共有するだけで年間10万円安くする方法

今回は1人10GBで計算しています。

月5GB以上利用するミドルユーザーが一番多いため、余裕を持ったプランで紹介しています。

この場合、家族を巻き込むことが必要なので

1人利用の際は格安SIMを利用しましょう。

他のパターンは今後の記事でご紹介します。

条件は5人揃えるだけ

現在のプランと家族状況

3人家族

*両親はドコモ15年以上契約の長期利用者だが、プランは別々

  • シンプルプラン×3 =2,940
  • spモード×3    =900
  • シェアパック30  =14,500 (13500+500×2)

=18,340円/月10GB (3人)

*あくまでも5人揃えれば条件はなんでも構いません。

  • 夫婦+兄弟
  • 夫婦+兄弟+両親

でも可能です。

両親を巻き込む理由として、ドコモ利用の場合長期利用者の割合が非常に多いためです。

もし他社利用であっても乗り換えさせてでも巻き込むべきです。

このプランは両親と別苗字、別住所でも可能です。

もちろん手続きの仕方まで紹介しています!

また、請求も別なので安心して組むことができます。

シェアパック・ファミリー割引について

対策後のプラン

念のためにシェア50に上げて1人10GB確保します。

これをきっかけに実家または自宅をドコモ光にします。

シェアパック50でのドコモ光は月々2,900円安くなるため

どのコラボ光よりも100%安くできます。

ドコモ光はスマホとセットで安くなる?料金はいくら?

ドコモ光を適用して、家族を巻き込んだ場合

新しい料金
  • シンプルプラン×3 =2,940
  • spモード×3    =900
  • シェア分割請求x3  =7,980

=11,820円/月10GB (3人)

補足事項
シェアパック50 16,000円
シェアオプションx4人 2,000円
ずっとドコモ割プラス -1,800円
ドコモ光セット割   -2,900円
=13,300円(2,660円/人)

これだけで

年78,000円安くなります。

残り22,000円の削り方

残り22,000円ですが

本体代金を特価で買うかdocomo withを使います。

機種は永久に使えないので。

  1. 特価で1台あたり3万円安く買う
  2. docomo withで月々1,500円安くする(もちろん特価)

この2つになります。

特価情報をいち早く手に入れるにはコチラ

ドコモの特価店舗の探し方とは?iPhoneXを例にして解説

パターン1

3台買えば定価より9万円安く買えます。

3年使ったとして1年あたり1万円のコストカット。

基本料金とあわせて年108,000円カットできます。

 

パターン2

基本料金1,500円引きx3回線=月-4,500円

年54,000円安くなるので

基本料金とあわせて年132,000円カットできます。

ちなみにdocomo with対象機種の場合、特価で本体価格10,000円前後で購入できます。

iphone6sなら15,000円程度です。

両親もiphone6sを月々2,440円/10GB で利用できるなら格安SIMより安くてオトクですね!

年間10万円以上安くできました。

10年で132万円の節約

30年で396万円の節約

長期で見るとかなりの金額ですね

いかに通常プランが無駄かよくわかります。

長期利用者が家族にいない場合の対策もバッチリできますよ!

ドコモ長期利用者が家族にいない場合は?裏ワザで優遇される方法とは?

安くできるかどうかは自分次第

これはすべて

  • 知っているか、知らないか
  • 行動できるか、出来ないか

の問題です。

この記事を見て「自分も安くできるかな?」と思うでしょう。

では、明細を見て実際に手続きするまで何日かかりますか?

または手続きせずに記事を読んで満足して終了させようとしてませんか?

今から明細を見ましょう

明細の見方は

my docomoへ飛んで頂き

料金をタップすると4か月分出てきます。

その下が内訳です。

本体代金、補償などを入れても5,000円オーバーは高いなと感じます。 

ちなみに確認するには

ネットワーク暗証番号またはdアカウントの認証が必要です。

暗証番号が不明な方はまずコチラの記事をご覧ください。

分からない場合はドコモショップで再設定をしなければいけません。

ドコモの暗証番号の種類は何個?ロックがかかってしまったら?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今後は私が実際に見てきたプランの間違った組み方と対策を紹介する予定です。

私のブログを見て頂ければ料金プランも人任せでなく自分で組めるようになりますし

本体を常に定価より3万円以上安く買える方法も身に付きます。

プランは都度変わっていきますが、どの時代もプランを適正に組むだけでこのぐらい安くできます。

つまり、家族で使えばドコモは格安SIMに匹敵します。

プランはオンラインやショップで変えても料金に差はでませんが

記事途中にあったドコモ光は店頭やオンライン受付より安く加入することができます。

キャッシュバックのあるコチラが最安で申し込み可能です。

この記事を見て安くしたいと思った方は確認してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク