スマホで使うsdカードは容量に注意!目安は64GB以上?

未分類




ドコモユーザー
SDって最近容量が大きいの増えてきたけど

どれが自分に合ってるかわからないんだよね

y's
少なくとも64GB以上はほしいね!

32GB以下のSDとは決定的な違いがあるよ

32GB以下のSDは規格上、1つのファイルが4GBを超えるものは扱えません。

写真を撮るだけなら問題ありませんが、今後4K動画が標準になった時 1つ当たり10分以上の動画が撮れなくなってしまう可能性があります。

32GB以下のSDカードは将来的に不安な点がある

SDの容量が4GB~32GBはmicroSDHCと分類され

64GB以上はmicroSDXCと分類されます。

32GB以下のSDでは「1つのファイルが4GB以上」の場合保存できません。

ネットでもうまく検索しないと出てこない情報の為知らない方も多いのではないでしょうか?

動画を撮る方は致命的な問題です。

今後のスマホは4K動画撮影が当たり前、将来は8Kも?

4Kで動画撮影した場合、目安は5分で2GBの容量を使います。

例えばディズニーでパレードを撮ったり

子供の運動会で動画撮影していると

32GBのSDだと1時間半もすれば容量オーバーです。

そして、一度に長い動画を撮っているつもりでも

10分ごとに動画撮影が終了して、ファイルが細切れになります。

ディズニーのパレードが30分として、1つのファイルで楽しみたいのに

10分ごとにファイルが変わるので選択しなおして見るのは嫌じゃないですか?

こういった問題を防ぐために64GBをオススメしています。

転送速度はUHSスピードクラス3が最高ランク

商品を買う時にUHS3と記載があるか確認しましょう。

転送速度の規格でUHS1とUHS3があります。

4K動画をメインで考える場合は注意するべき項目です。

なぜかというと、録画の中断やにコマ落ちする可能性が出てきてしまいます。

せっかく良い機種を使っているのにSDのランクが悪くて支障がでてしまっては嫌ですよね?

今は4KではなくフルHDでも対処できる?

フルHDとは地デジと同じ画質と思って頂ければわかりやすいです。

そこまで画質に拘らない方はフルHD撮影ならSDのランクを落としても問題ありません。

今後に備えて64GB以上だけを意識すればOKです。

現在のスマホは初期設定がフルHDになっています。

全員が4Kになるのはもう少し先なので焦らなくてもよさそうです。

ネットで激安のSDは偽物の可能性も?不安な場合は提供元に注意!

明らかに安いものはスペックに見合わず動きが悪かったり、容量を誤魔化しているものもあります。

安い理由と注意点を見ていきましょう。

主に安い理由は3つ

  • 海外パッケージ品
  • データ復旧ソフトなし
  • 提供元が別会社

この3つが重要です。

簡単にまとめると

  • 海外パッケージ品は同じ商品でもトラブルが起きた時、基本的に保証されない
  • ドコモのSDに付属しているデータ復旧ソフト(レスキュープロデラックス)がついてないので格安
  • 別の販売店が卸しているので同じ商品でも割安に手に入る

等の理由です。

この中で注意するのは提供元です。

例えばamazonでSDを購入する場合、同じようなものが2~3倍の価格差で表示されたりします。

そこで安い物をチェックすると

カートに入れるボタンの上に「この商品は○○が販売、発送します」と書かれています。

その提供元を確認する必要があります。

商品に対してのレビューや提供元会社のレビューを30個~程度は確認しましょう。

「速度チェックなどをして偽物でした」等のレビューが多数ついていればやめましょう。

「すぐ壊れました」であれば精密機械なので初期不良の可能性もあるためスルーで問題ありません。

ドコモオンラインショップのSDと性能や価格を比較

TOPページから「docomo select・オプション品を探す」に入って頂き「外部メモリ」を選択します

その中にある「microSDXCカード Ultra PLUS(90MB/秒)<64GB>」を例にしていきます。

価格は11,340円です。

■バスインターフェース:UHS-I(SD2.0に下位互換性あり)
■転送速度:最大90MB/秒
■スピードクラス:UHSスピードクラス1、CLASS 10
■質量:(約)0.4g
■サイズ:(約)W15.0×H11.0×D1.0mm
■動作温度:-25度~85度
■保存温度:-40度~85度
■耐久性:防水、耐温度、耐衝撃、耐X線
■付属品:SD(TM)変換アダプタ、データ復旧ソフト「レスキュープロデラックス」1年無料利用特典
■保証期間:無期限保証(SD(TM)変換アダプタは保証の対象ではありません)

このような仕様ですが、パッと見でわかりにくいです。

見るべきポイントを分けていきます。

スピードクラスが最重要

動画を撮ったりカメラの連写に関わります。

フルHD(地デジと同じランク)で撮るなら

スピードクラス:UHSスピードクラス1、CLASS 10

を備えていれば問題ありません。

4k撮影(主にブルーレイと同じランク)で撮るなら

スピードクラス:UHSスピードクラス3、CLASS 10

を選択しましょう。

動作温度・保存温度・耐久性

安い物だと0~35度が動作範囲だったりします。

冬で氷点下になったら?夏場スマホを利用中は35度はすぐ超えますよね?

あまり知られていませんが、動作温度は特に見ておきましょう。

Sandisk製なら基本問題ありません。

他のメーカーを購入するときには注意です。

■付属品:データ復旧ソフト「レスキュープロデラックス」1年無料利用特典

これはSDのデータが読み込めなくなった時や、間違って消してしまった時の保険です。

購入からではなく「レスキュープロデラックス」にシリアルキーを入れてから1年間なので、基本的に1度は復旧できると考えましょう。

しかし、パソコンを使うため苦手な方は難しいかもしれません。

このデータ復旧ソフトなしの安いものを買ってもいいでしょう。

まとめ

SD1つでも色々覚えることがあって難しかったでしょうか?

  • 携帯ショップでは高すぎる
  • 安すぎると偽物に注意しなければならない

では何を購入するのが一番いいのか?

最後に私のオススメを紹介します。

提供元が信頼でき、コストパフォーマンスに優れています。

今回はドコモショップより転送速度は落ちる商品ですが、フルHDでは問題ないレベルです。

スマホの初期設定はフルHDなので問題ありません。

個人的に4K設定してる方は性能が追い付かないので注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク