ドコモのベーシックパックは高い?制限がかかるのは20GBになってから

料金プラン




2018/5/25開始のプランです。

メリットは1人利用でスマホの料金が最大月々2,480円まで下がります。

  • シンプルプラン:980円
  • SPモード:300円
  • ベーシックパック(ステップ1):2,900円
  • docomo with:-1,500円
  • ずっとドコモ割プラス:-200円

=2,480円

ですが、デメリットも存在します。

5GB以上の利用だと自動的に20GBで7,000円まで上がってしまいます。

今までのように自動でストップはせず、20GBになった時点で速度制限が入ります。

段階性の為繰り越しも存在しません。

実際に得なのかどうかを考えていきます。

今までのプランとの変更点

現在はプラン毎に上限が決まっているだけであり、利用するしないに関わらず定額です。 詳しくはこちらの記事より。

ベーシックパックとは、いくつかの段階に区切られた従量制プランです。公式サイトにわかりやすい図がありますが簡単にまとめます。

1人利用プランで考えます。シェアパックの考え方は一緒なので。

 

今まで(旧パケットパック)

  • 2GB    3,500円
  • 5GB    5,000円
  • 20GB    6,000円
  • 30GB      8,000円

ベーシックパック

  • 1GB        2,900円
  • 3GB        4,000円
  • 5GB        5,000円
  • 20GB      7,000円

それぞれのメリットとデメリットは?

旧パケットパック

メリット

  • 使いすぎても速度制限のみで課金はされない
  • 5GB以上プランは繰り越しされる

デメリット

  • 使わない月も定額なので安くならない
  • ウルトラパック以外はシンプルプランが適用できない

ベーシックパック

メリット

  • 使わない月は料金を抑えられる
  • 5GB未満は1GB,3GBと細かくデータ量が設定されている
  • シンプルプランが適用できる
  • 細かくプランを変える必要がない

デメリット

  • うっかり使いすぎると急に高くなる
  • 繰り越しはない

自分にあったプランは何か?データ量を少なく管理できるならベーシックパックがオススメ

数字だけ見てもわかりにくいのでまとめてみたいと思います。

考え方は1年間の平均データ量や通話量を自身で把握したとしてという前提です。

まず、5GB以上の利用ならウルトラパック一択です。

カケホライト以上の通話がある場合かつ旧パケットパックを軸として

・1GBを割ることなく、2GBで足りる場合(ストレスなく使える場合)はデータSパック

→ベーシックにすると、1GB超えたら無条件に4,000円になるのでデータSパック3,500円で止まるため

・たまに速度制限になるが、3GB以上5GB未満はデータMパック

→ベーシックパックだとかならず5,000円かかってしまう、かつ超過すると+2,000円のリスクがあるため

・それ以外はベーシックパック

 

シンプルプラン(通話料0で計算)かつベーシックパックを軸として

・3GB未満ならベーシックパック

→シンプル+3GB未満=5,280円 に対して カケホライト+Sパック=5,500円のため、3GB超過がなければベーシックが有利

・5GB未満、超過が年4回以下の場合ベーシックパック

→シンプル+5GB未満=6,280円 カケホライト+Mパック=7,000円

1年間の差額が8,640円、5GB超過のベーシックパックは+2,000円なので

超過4回までならベーシックが有利

 

細かく計算するとこのようになりますが、単純に通話しない通信しないからベーシックパック という考えで変えてしまってもいいでしょう。

まとめ

自分がどの程度データ量を使っているかが重要です。

もちろん1GB以内ならベーシックパックへ変更するべきです。

しかし現在データMパックで、5GBを少し超えるだけならば変更しないほうが勝手に料金が上がらないので安心です。

簡単な目安は5GB以内に抑える事が出来るなら変えても良いという考えです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク