docomowithの対象機種にiPhone7が追加!販売開始はいつから?

iphone




2019/2/27よりiphone7がdocomo withとして再販されます。

取り扱いは容量は32GBのみ、カラーはジェットブラック以外の4色(ブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールド)です。

報道発表資料より引用

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2019年2月27日(水曜)より、ご利用料金がずっと毎月1,500円割引となる料金プラン「docomo with®」対象端末に、iPhone 7(32GB)※1を追加いたします。なお、事前予約受付は、本日よりiPhoneを取り扱うドコモ販売店※2およびドコモホームページにて行います。

提供開始日:2019年2月27日(水曜)
販売チャネル:iPhoneを取り扱うドコモ販売店※2およびドコモオンラインショップ

※1.iPhone 7(32GB)は、「docomo with」の対象に追加以降、端末購入サポートの対象外となります。

※2.Apple Storeを除きます。

2018/9/1にiPhone 6sを再販してから約半年での切り替えになります。

1年以内の切り替えは異例ですが、価格と本体機能について解説します。

価格は39,600円!27か月利用で実質0円に!

本体価格は39,600円ですが、docomo with対象機種なので基本料金が-1,500円/月です。

27か月利用で値引き額が40,500円になり、実質無料になります。

それ以降はdocomo with対象機種以外を利用している方より月-1,500円(年18,000円)安くなるので使えば使うほどお得になります。

「絶対この機種がいい」という物が無く、現在利用している機種が2~3年程経っているなら買いです。

逆に機種に拘りがあったり「せっかく買うなら最新機種」と考えている場合は無理して買う必要はありません。

iPhone7は初の防水機種でありイヤホンジャックが廃止され、Apple pay対応モデル

今までdocomo withだったiPhone 6sと比較します。

詳細は

iPhone 7の技術仕様

iPhone 6sの技術仕様

で確認可能ですが、大まかな所をピックアップします。

防水防塵対応

iPhone 7以降は基本的に備わっています。

「防水防塵だから何でも大丈夫」と過信せずに「ちょっと雨にぬれたり、水回りで利用して濡れても大丈夫かな」程度と考えましょう。

仕様として防水があるかどうかは雨の日の使用時に安心感があるので個人的にはオススメポイントです。

イヤホンジャックなしは使いやすいのか?初めての場合は違和感を感じるかもしれません

イヤホンジャックがないと

  • 充電しながらイヤホンを利用できない
  • 市販のイヤホンを使う場合は変換アダプタが必要

等、今までの利用方法とは異なる点がでてきます。

対して

  • 充電端子とイヤホンを両方させるアダプタを購入する
  • Bluetooth対応イヤホンを購入する

事で対応可能です。

私はiPhone6s plusからiPhone8 plus、iPhone XS Maxと機種を変えていますがBluetoothイヤホンで対応しました。

最初はイヤホンも充電しなければいけないめんどくささを感じましたが今は慣れました。

不安な方は一度購入前にBluetoothイヤホンを量販店などで試してみるといいかもしれません。

Apple Pay対応で電子マネー利用者には扱いやすくなった

iPhone6sではApple Payは利用できませんが、iPhone7は利用可能です。

Androidから切り替える際に重要なポイントとなっているので「安くiphoneに切り替えたい」と考えている方はチャンスです。

もちろん、現在電子マネーを利用していない方でもiPhone7であればデビュー出来るので機種変更をきっかけに利用することも可能です。

まとめ

  • 発売日は2019/2/27(予約受付中)
  • 本体代金は27ヶ月以上の利用で実質無料
  • 防水防塵、Apple pay対応
  • イヤホンジャック非対応

まだ発売から2年半程しか経っていないので、今購入しても長期利用が見込めます。

今までdocomo withだったiphone 6sに比べるとかなりお買い得なので検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク