ドコモのケータイ補償を使うより機種変更が安くてお得?

キャンペーン




すでに機種変更から2年以上経っている方Androidユーザー向けの記事です。

Androidのケータイ補償は通常500円/月です。
*2014年冬モデル以前のスマホは380円/月

年間で6,000円のコストを支払いつつ

壊れた場合は3,000円での修理か7,500円での交換を選択します。

なら648円で機種変更しておいてスペアを持っていた方がお得じゃないですか?

もちろん、今使っている機種より新しいので性能に困ることはありません。

  • ランニングコストを抑えたい
  • 「これがほしい!」という機種が基本的にない

なら今から機種変更をしておくことをオススメします。

*2019/2/8より開始のキャンペーンです。

なぜ648円で機種変更が出来るのか?今だけのチャンスだからです

いつも648円で機種変更できるなら、あなたがケータイを買いに行くときに何万もする機種を案内されません。

ドコモオンラインショップのSPECIAL PRICEを利用するから可能な技なのです。

普段は10万近くする機種を「1年間機種変更や解約をしない」という端末購入サポートを条件として安くしてあります。

端末購入サポートについて、詳しくはコチラの記事より

ドコモの2年縛り終了後について気を付ける事【本体編】

在庫限りなので、キャンペーン中でも在庫が切れたら終了です。

ドコモオンラインショップより画像を引用

ケータイ補償を外して機種変更していい人と悪い人

もちろん、ケータイ補償を付けたまま現状維持する選択肢もあります。

その場合は、ランニングコストはそのままにして単純に「安く機種変更できた」となるので問題ありません。

あくまでケータイ補償を外した時の違いを考えて判断します。

デメリットを感じやすい人

  • 1年で2回以上修理や交換する恐れがある
  • 慣れているので同じ機種がいい

この2点に当てはまる場合はデメリットを感じやすいので現状維持がオススメです。

今の機種と新しい機種の2つが故障してしまった場合は

  • ケータイ補償未加入
  • 端末購入サポートの解除料(違約金)がかかる

ため負担金が高額になります。

補償未加入の場合は25,000~40,000前後は少なくとも修理代金を見積もっておいた方がいいです。

また、本体を安く買うための「端末購入サポート」の指定利用期間である1年以内に機種変更しても同じ程度の違約金が発生します。

万が一2つとも機種が故障してしまったときの数万円の負担は覚悟しておかなければなりません。

また、ケータイ補償であれば故障してしまっても同じ機種での修理または交換です。
*交換の場合、補償センターに在庫がない場合は別機種になる可能性あり

「機械物は得意じゃないので新しくするのもちょっと。。。」と感じるのであれば無理に新しくする必要はありません。

 

メリットを感じやすい人

  • 今までケータイを何度も壊したことがない
  • せっかくなので新しい方がよい
  • 今後アップデートしていくアプリに対応できる

この3点に当てはまる方はデメリットを感じず、メリットが多いので変更するべきです。

実際にガラケーやスマホを使っていて何年に何回壊したことがあるか考えた時「1年に2回はないな」と感じれば問題ありません。

そして、どっかのタイミングでは機種変更せざるを得ないのでとりあえず予備を持っておくことに抵抗がない方

最後に、アプリのアップデートに対応するにはどうしても新機種でそれなりのスペックが必要です。

同じ機種を修理したり交換して使っていても限度はあるので、先を見越せば長く使える点は非常に優位です。

機種変更をしたからと言ってすぐに使わなくても問題ない

通常、機種変更をしたらその日から新しい機種に切り替えると思いますよね?

その為に面倒なデータコピーをしたりしなければいけません。

ですが、今回の場合は「予備」を持っておくだけなのですぐつかわなくてOKです。

現在の機種を使っていく場合

もし、あなたがデータ移行に抵抗を感じていてそれが億劫であれば新しい機種は箱から出さずに置いておきましょう。

そして、メイン端末が壊れたら箱から出して交換すれば問題ありません。

契約上機種変更をしていても、実際に電波の入る端末はSIMカードを入れている端末なので「必ず新しい機種を利用しないといけない」訳ではありません。

もちろん、万が一のために電話帳ぐらいはコピーしておいても構いません。

急なトラブルでデータが空にならないように一部をコピーしてからしまっておくのも有効です。

新しい機種を使っていく場合

データ移行に抵抗がない場合は新しい機種を使ったほうが快適です。

その場合は今まで使っていた機種を予備として考えます。

これは通常の機種変更と同じ考え方です。

唯一違うのは「ケータイ補償」を外してランニングコストを抑えているので、もし1年以内に壊れてしまった場合は以前の機種を使い直します。

1年経って違約金なしで機種変更できるようになれば、また機種変更をし直せばいいだけです。

まとめ

  • 単純に安く機種変更できる
  • 今の機種を継続して使い、万が一の際の予備を持てる
  • 1年に2回以内の故障ならランニングコストも抑えられる
  • ランニングコストを抑える場合、1年に2回以上故障の可能性がある方はやめておく
  • 同じ機種を修理、交換して使いたい場合はやめておく

この4点を抑えておきましょう。

いずれは機種変更をすることになるので、2~3年の方は様子見もありですが5~6年利用しているなら

予備等の問題とは別に「端末の寿命」を考えて機種変更するのもありです。

648円はオンラインショップの価格です。

これはオンライン価格であり、ドコモショップや量販店では別途料金が発生します。

具体的には店頭購入の場合、頭金(値増し)+事務手数料で余分な料金が12,000円程発生してしまいます。

つまりオンラインで648円の機種が13,000円近くになってしまいます。

ただ「オンラインで購入したことはないし、難しそう」と感じた方も安心してください。

操作や手続きが不明な方は

  • チャットサポート
  • 電話サポート

を使うと、思ったより簡単に手続き可能です。

電話サポートの番号は

  • ドコモ携帯電話から「#8067」
  • それ以外の一般電話等から「0120-131-067」

です。(9:00-20:00【年中無休】)

チャットサポートはTOPページを開くと右側に表示されるので見落とすことはありません。

*もちろん、相談のみでの利用も可能です。
不安な場合は一度試してから購入してもOKです。

無事に購入したら「自宅受け取り」か「店頭受け取り」を選びます。

予備として使わない場合は、自宅受け取りにしておいておけば問題ありません。

逆にメイン端末として使う場合

自力で(電話サポートや遠隔サポートを使ってもOK)初期設定やデータコピーが可能であれば自宅受け取り。

不安な場合は店頭受け取りを選びましょう。

受け取りでの来店であればあれこれ案内もされずにスムーズに機種を手に入れる事が出来ます。

来店予約もしておけば待ち時間もなくスムーズに手続きできます。

これらのことから、店頭購入より圧倒的にお得なオンラインショップを是非試してみてください。

オンラインショップはコチラから

スポンサーリンク
スポンサーリンク