ドコモのiPhoneXRが一括0円?MNPでキャッシュバックも?

iphone




ドコモユーザー
0円でキャッシュバックってすごいね!
y's
特価を使ったらの話で、条件は色々あるから注意してね!

基本的に機種変更で一括0円は存在しません。

MNP(他社から乗り換え)で一括0円や、キャッシュバックを積む店舗が存在します。

キャッシュバックありは条件が細かく設定されており、キャッシュバックなしなら条件がゆるい店舗もあります。

これらは条件をしっかり把握できる方はキャッシュバックあり、そうでないかたはキャッシュバックなしを選ぶといいでしょう。

これらの販売店では、ドコモショップとは違いデータ移行や初期設定もすべて自分で行う必要があるので注意しましょう。

今回は本体代金を安く手に入れるだけでなく、家族でドコモを使えば基本料金を安くできる方法も合わせて解説します。

特価を利用する場合はとにかくスピード勝負

競争率が高いものはツイート後に秒単位で電話しないと繋がらない事もあります。

そして電話が繋がったと思えば台数出てしまったのでキャンペーン終了と言われたりすることも。

2019/2/19現在ではオンライン価格で25,920円なので、オプション込み0円なら競争率はそこまで高くないはずです。

しかしキャッシュバックありの場合や、オプション無しは競争率がやや高いです。

価格を出さないドコモショップのツイートも確認の価値あり


直接価格を提示していないドコモショップのツイートも確認しましょう。

全然安くない案件もありますが、あたりを引くとツイートに価格を載せているものより安く購入できます。

ただ、良案件に当たるまでは根気よく何十店舗も電話をしなければならないこともあるのでどこまで頑張るかはあらかじめ決めておいたほうがいいです。

こういった特価店舗を探す場合は別記事でまとめていますので、慣れていない方は必ず読みましょう!

ドコモの特価店舗の探し方とは?iPhoneXを例にして解説

基本料金はシェアパックとドコモ光で安くするのが鉄則!

本体代金を安くできてもランニングコストが高ければ意味がありません。

基本料金の組み方や、ドコモ光などのネット環境も整えてできる限り最安を目指しましょう。

今回は通話プランとネット接続料金(プロバイダ)は固定で考えます。

*沢山通話する方は別のプランもありますが、ドコモの基本プラン一覧ページをご覧になるか簡単に画像で確認しましょう。

データプランは除外して考えてください。

ドコモ基本プラン一覧ページより引用

通話+プロバイダ料金

シンプルプラン 980円

(ファミリー割引以外の通話は一律30秒/20円)

SPモード     300円

=1,280円

上記基本料金にデータ量を加算して考えます。

データ量は冒頭であった5人で分ける考え方です。

1人あたりのデータ量と金額

ベーシックシェアパック~5GBの場合

1,540円/人(1GB)

ベーシックシェアパック~10GBの場合

1,960円/人(2GB)

ベーシックシェアパック~15GBの場合

2,440円/人(3GB)

ウルトラシェアパック30の場合

2,600円/人(6GB)

ウルトラシェアパック50の場合

3,020円/人(10GB)

例として、ウルトラシェアパック30の計算方法は

代表回線=13,500円

子回線の数x500円=2,000円

ドコモ光セット割=-2,500円

=13,000

これを5人で割って2,600円/人(6GB)と計算しています。

シェアパックを組むには同一ファミリー割引に属している必要性があります。

家族の考え方は3親等以内、回線は20回線までがファミリー割引の条件です。

詳しくはリンク先のページで確認しましょう!

シェアパック・ファミリー割引について

スポンサーリンク



5人でシェアパックやドコモ光は必須?値段が多少変わってもよければ省きましょう

ここまできて条件になっている

  • 人数を集められるか
  • ドコモ光じゃないとダメなのか

この2つが気になるのではないでしょうか?

5人は何としても集めたい部分、妥協しても4人が限界

正直、人数は落としても4人までが限度だと思います。

人数を少なくすれば合計データ量を少なくする必要がでてくるので、5~10GB利用が難しくなります。

大容量プランの4~6人で考えた料金はコチラ

ちなみに3人で30GBプランを組んだ場合、ドコモ光セット割込で5,280円/月になるので安いとは言えません。

定額プランの30~100GBではなく段階制の「ベーシックパック」を組む場合、料金が変動するリスクがあるので正直オススメしにくいです。

家族全員が管理できれば問題ありませんが、1人でもデータを使うと高額になるリスクは避けるのが無難です。

ドコモ光はウルトラシェアパックなら必須!それ以外は必須ではない?

セット割は赤枠部分になりますが、ベーシックシェアパックはそこまで値引き率が大きくありません。

ウルトラシェアパックにしたら必須レベルと考えましょう。

例えば、マンションタイプでウルトラシェアパック30を組んだ場合のネット料金は月々1,500円です。

これは他のネット回線を利用するより安くできるので切り替えるべきです。

ドコモ料金プランより引用

 

通常、ネット回線を引くためには工事費が必要です。

しかし2018/12/1~2019/5/6までは工事日無料+1万円分のポイントが還元されます。

ネット回線の開通に必要な工事量がかからず、ポイント還元されるのは非常に大きいです。

また、下部アイコンから申し込みいただくとキャッシュバックも貰えます。

光回線の切り替えをする場合は違約金なども出る可能性が高いため、これらを使って切り替えのコストをなくせる今はお得です。

ドコモ光に切り替える際の注意点として

マンションの管理費などにネット料金が組み込まれている

光回線を引いたばかりで解約をすると高額な料金が発生する

住んでいる場所にネット設備が整っていない

等に該当する場合「必ず変えたほうがいい」とは言えませんし、変えられないパターンもあるので気になる場合は事前に調べておく必要があります。

ドコモ光セット割と一緒にずっとドコモ割プラスを併用してさらに安くする!長期利用の方がいない場合は裏技も?

その他割引として、ドコモ光セット割の横に「ずっとドコモ割プラス」があります。

通常はドコモ回線を長く契約している方がいないと適用できない割引ですが

長期契約者がいなくてもずっとドコモ割プラスを適用させる裏技があります。

dカードを作って、メインカードとして使えば問題ありません。

目安としてdカードで月5万円の利用があれば、ドコモに乗り換えたばかりでも10年以上契約している方と同じ値引き率になります。

ウルトラシェアパック30なら月1,000円安くすることが出来るので、年間12,000円の節約になります。

固定費⁺食費などをdカードに切り替えて利用していれば現実的な数字なので使わない手はありません。

月々の料金を考えれば敷居は低い方です。

こちらも詳しくは別記事で案内しています。

ドコモ長期利用者が家族にいない場合は?裏ワザで優遇される方法とは?

まとめ

  • 一括0円⁺キャッシュバックは条件があり、それを管理できるスキルが必要
  • 良案件はツイートされてからすぐ電話をしないと在庫がないといわれることがある
  • ドコモに乗り換えるのなら料金プランやドコモ光を組み込みコストを安くする

Appleで購入すると64GBでも9万円以上する本体を0円+キャッシュバック付きで購入出来るチャンスは見逃せません。

これを機会にiPhone XRを狙っている方は安く手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク