ドコモの名義人と契約者は違う?確認はmydocomoから!

手続き




率直に「名義人=契約者」です。

ドコモショップでは基本的に「契約者」という方が多いです。

契約者来店ではないと手続きが出来ない可能性もあるので、何をするにも一番最初に確認するべき内容です。

誰が契約になっているのかを確認する場合はmy docomoから見ることが出来ます。

my docomo→契約内容・手続き→全てのご契約内容の確認→ネットワーク暗証番号 or dアカウント入力

この操作をすると「ご契約者氏名」が出てくるので、そこに表示されてる方が契約者(名義人)です。

注意すべきは

  • 支払い者≠契約者
  • 利用者≠契約者

なので、今回は契約者について解説します

基本的に契約者が権限を握っている、利用者や支払い者は代理人扱い

何らかの手続や契約内容の照会等をショップでする場合は契約者にすべての権限があります。

契約者以外が来店して手続きをする場合、手続きによっては事前確認があればそのまま手続きできることもあります。

しかし基本的には電話や委任状による委任確認が必要と考えましょう。

よくある内容として

  • 家族分の支払いは自分がしているので、家族分の明細を確認したい
  • 携帯代は自分で支払っているのでプラン変更や修理の手続きをしたい

等があります。

前者は支払いをまとめている「お父さんorお母さん」が多く、後者は「子供」の場合が多いです。

支払いが自身の口座やクレジットカードであっても、他人名義であれば「代理人」なので希望の手続きが出来ないことがあります。

例えばスマホが故障してしまった場合の修理や補償による交換も契約者の委任確認や、補償センターへの電話が必要です。

緊急時に何も出来ずに困ることがないように、できるだけ自分名義で持つのが無難です。

手続きによっては契約者の証明書が必要になることも。

ちょっとプランを変えるだけならば、来店者の証明書(免許証やマイナンバー、保険証等)と契約者へ電話確認すれば可能です。

しかし、機種変更を分割払いで行う場合は契約者の証明書原本が必要になります。

ネットワーク暗証番号の再設定でも証明書のコピーが必要です。

手続きによって必要なものが細かく異なるため、事前にインフォメーションセンター(151)へ確認してから来店するのが望ましいです。

毎回電話確認や委任確認が面倒であれば名義変更も検討するべき

家族名義で使う明確な理由がなければ、自身の名義に変えてしまうのが確実です。

例えば父親名義で利用者が息子、来店は息子一人(成人しているとする)の持ち物は
*以下、息子を来店者と記載します。

  1. 父親の免許証または保険証等の証明書コピー(現住所記載、有効期限内)
  2. 父親の記入した委任状または電話確認
  3. 来店者の免許証(現住所記載、有効期限内)
  4. 来店者のキャッシュカードまたはクレジットカード

の4点で手続き可能です。

持ち物3,4に関して補足ですが、免許証を持っていない場合

  • 保険証+クレジットカード
  • 保険証+キャッシュカード+住民票(発行3ヶ月以内)

等、持ち物は変わってきます。

誰が来店して、どういった本人確認書類を持っているのかで細かく変わるため上記内容以外はインフォメーションセンターへの確認が一番手堅いです。

プランやオプションを変えるだけならばオンライン手続きで

料金プランやオプションの付け外しはオンライン手続きから簡単にできます。

来店が必要な手続き以外はオンラインで行ってしまうのが一番早いです。

ただ、後に自分名義にしておかないと支障をきたす事もあるので一時的な対策と考えましょう。

まとめ

  • 契約者=名義人
  • 契約者以外は家族であっても代理人
  • 代理人手続きは確認書類が面倒
  • 簡単な手続きならオンライン手続き

この4つを抑えておけば問題ありません。

契約者が定かでないと、ドコモショップで長時間待った挙げ句に代理人扱いで手続きできないケースもあるので注意が必要です。

もし、自分の利用している携帯が家族名義だった場合は何かの機会で自分名義に切り替えるようにするといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク