ドコモのiPhoneでMMSを有効にする必要がありますと出た場合は?

iphone




残念ながらdocomo.ne.jpのアドレスはMMS非対応のため利用できません

代替案として、送信先の相手がiPhoneを利用していればiMessageがMMSの代わりとして使えます。

今回はSMSとMMS、iMessageの違いや仕組みについてまとめます。

MMSはau,SoftBank,Y!mobileで使える

MMSとはキャリアメールを「メッセージ」アプリでやり取りする機能です。

普段メールのやり取りをする場合は左側の「メール」アプリより行いますが、右側の「メッセージ」アプリでメールのやり取りすることをMMSと覚えると簡単です。

MMSが使えるアドレスはキャリアメールのみ

  • ezweb.ne.jp
  • softbank.ne.jp
  • ymobile.ne.jp

これらのアドレスはMMS対応していますが「docomo.ne.jp」は非対応です。
*特に対応する予定もないとのこと。

もちろんGmailやYahooメールなどはMMS非対応です。

ドコモ利用者はメールアプリかiMessageで対応します

使えない以上は通常の「メール」アプリにて対応するしかありません。

しかし送信側と受信側がiPhone(iPad,iPod touch含む)を利用している場合はiMessageで代替できます。

実はこのiMessageは非常に優秀です。

iPhone同士であればMMSと同じようにメッセージアプリで写真の送受信なども出来るので問題ありません。

iMessageとはApple提供の無料サービス

手動でoffにしていない限りは自動でONになっているので難しい設定は不要です。

ONになっているかは

設定→メッセージ→imessage

の順で確認できます。

メッセージアプリを利用して「この人には写真が送れるけど他の人には送れない」場合は無意識にiMessageを利用しています。

左のように文字が緑の場合はSMS/MMSです。

対してiMessageは右のように青い文字で表示されます。

iMessageは通信なので実質無料でやり取り可能

LINEと同じように通信を使うので、データ量は利用しますがそれ以外に料金は発生しません。

SMSのように文字数によって固定料金がかかるサービスではないので料金を気にせず使えるのでお得です。

文字だけならメッセージアプリでSMSとして利用するが料金がかかる

MMSやiMessageでは写真の送受信もできますが、文字だけならSMSで対応可能です。

しかし、メッセージアプリを使ってやり取りしたい場合を覗いては料金が高くついてしまうのでオススメしません。
*相手が通話とSMSのみの契約でメッセージを送りたい場合等は仕方ありません。

料金は下記画像のとおりで一通3円からとなっています。

SMSご利用料金より引用

まとめ

  • ドコモはMMS非対応
  • iPhone同士ならドコモでもMMSと同じ機能を利用できる
  • MMSではなくメールアプリで対応する
  • 文字だけのやり取りはSMS可能だが料金が高いためオススメできない

以上の対応方法を抑えておけば問題ありません。

ドコモがMMS対応を発表した際は追記致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク