iPhone5sの使い道とは?アップデートはいつ打ち切りになる?

iphone




ユーザー
iPhone5sも長く使ってるけど
まだ使えそうかなー?
y's
使い道は人それぞれだけど
現役でもいけるよ!
現役で使っている場合

ネットやSNSなどの基本利用は全然いけます。

しかし最近の3Dゲームは正直言って厳しいです。

 

現役を退いている場合

音楽プレーヤーや、メイン端末の電池補助

メイン端末故障時のサブ端末

などの使い道が存在します。

今回はiphone5sの使い道について考察していきます。

現役利用の使い道

冒頭であったように

ネットやSNS中心で利用するなら全く問題ありません。

最新機種と比べると画面は小さいですが

iphone5sユーザーは「大きさが丁度いい」ので利用している事が多いです。

実際今の機種は大型化してますから、ポケットやバッグに入りやすく大きなメリットです。

対してデメリットですが

最近の3Dゲームを快適に遊びたい!

これさえ無ければまだまだ息は長そうです。

ツイッターでこんな声も!

YouTuberは動画配信が職業なので非常に信憑性が高いコメントです。

心配はアップデート打ち切り

iphone史上最多の5回OSアップデートに対応しましたが、正直次は厳しいかもしれません。

アップデートによって動作が重くなったという声もあります。

最新OSでないと対応しないアプリも出るので

新しい機能が急に使いたくなったら買い替えどきです。

OSが最新でも使えない機能もチラホラ。

現役を退いた後の使い道

次の端末を購入してメインではないパターンです。

メイン機種と併用して使う

主に音楽プレーヤーとして利用される方が多いです。

iphone7以降イヤホンジャックは付いていないですし

バッテリーの減りを少しでも気にする方にオススメ。

最悪メイン端末のバッテリーが切れたり故障してもSIMを差し替えればネットは使えます。

LINEは引き継ぎの関係上難しいですが緊急用なら他の連絡手段でどうにでも出来ます。

故障時の代替に使う

修理や交換に日数がかかる場合

一時的にメイン端末として使います。

ショップに行けば代替機の貸し出しもありますがiphoneはありません。

人が使った端末ですし

返却の手間もあります。

手間暇を考えれば自分が利用していた物で

ある程度アプリが入ったままの端末が使いやすいです。

心配はバッテリー切れ

明確に「サブ端末として利用する」と考えていなければ直前での電池交換はしません。

バッテリーの消耗が早いとサブとしても使えないので長期利用は難しいです。

使用頻度が低ければ今のメイン端末がサブになるまでの繋ぎとして利用が望ましいでしょう。

本当に劣化していると急に電源が落ちたり100%から1時間足らずで0%になってしまいます。

まとめ

現役なら

  • 普段使いで問題なし
  • 最新ゲームを快適にプレイは厳しい
  • iOSアップデート打ち切りに注視

サブ利用なら

  • 音楽プレーヤー
  • メイン機種電池切れの代替
  • 故障時の代替

このような明確な使い道があります。

5年前の機種でも現役利用できるのは素晴らしいですね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク