スマホを使いこなすとは?基準は人それぞれですが私の思うことをまとめました

コラム




スマホが苦手な人は「自分は使いこなせていない」と思っていませんか?

だからといって四六時中スマホをいじってる若者でも自信を持って「使いこなしている」と思う方は少ないでしょう。

そこには何を持って「使いこなしているのか」という基準がないためです。

私の主観ですが「使いこなす」とは

検索によって問題解決することが出来る

のであれば、使いこなせていると思います。

言葉にすると簡単ですが、意外とこれが難しいです。

今回は曖昧な「使いこなす」ことについて考えをまとめます。

機能を多く使っている=使いこなしているではない

  • スケジュールを家族や職場内で共有している
  • おサイフケータイを使っている
  • 電子書籍を使っている
  • 1タッチで乗り換え検索をしている

こういった機能を多く使っていれば、一見つかいこなしているように見えます。

確かに、自分の使っていない機能を便利に使っている姿を見ればそう見えるかもしれません。

それを使っていれば「自分は使いこなしている」と思うかもしれません。

しかし、機種変更する時引き継ぎはどうするのか?新しいスマホで設定はどうすればいいのか?

こういった問題が発生した時に自分で解決できてこそ「使いこなしている」と思います。

スマホで検索することで問題解決できれば使いこなしている

例えばドコモショップの受付予約をする際に

「操作が不安、電話のほうが早い」と思って電話してしまう方もいると思います。

そこを1度でいいので「ドコモショップ 予約 方法」等で検索をしてwebから予約を取れば「使いこなしている」に近づきます。

このケースでは自分で操作すればwebから予約はできるが、電話のほうが早い場合は電話が正解だと思います。

しかし「web予約がわからないからとりあえず電話した」のであればスマホの意味がありません。

電話で対応できないケースに差し掛かった場合に対処の仕様がないからです。

旅行を例にして考えてみます

旅行に行くときは色々と準備が必要です。

  • 行く場所を決める
  • その付近の観光地や飲食店などを調べる
  • お店やアトラクション等の予約をする
  • ホテルの予約を取る
  • 車や電車でのルート検索をする

大まかにこういった事は絶対必要です。

スマホで宿泊比較サイト等を利用して費用を抑えたり、クレジットカードがあれば先に宿泊先の支払い等も済ませることができます。

またストリートビューを使えば事前に地理を把握することが出来るので、建物の外観を確認したり道に迷う事も防げます。

ただ、スマホを利用しなくてもそれなりに準備を済ませることは可能です。

雑誌などで宿泊先や観光地を調べ、そこに載っている電話番号に電話をして予約をすることができます。

ルートも地図を見たりカーナビを利用すれば大体のことは分かります。

なまじスマホを使わなくても同じことが出来てしまうので、なれた方法を選択してしまうので使いこなす事が出来なくなってしまいます。

使いこなすための検索には慣れが必要

では、何でもかんでも検索すればすぐに使いこなせるかというとそうではありません。

闇雲に検索をしても自分の求める結果が検索できなければ意味がありません。

いくつかの段階が必要です。

  • わからないことがあれば検索する癖をつける
  • 答えが出てくる的確なキーワードを選定できるようにする
  • 各サイトを比較して自分の求めた結果に一番近いものを探す

この3点が必要です。

わからないことがあれば検索する癖をつける

  • いつもの美容院はいつ定休日?
  • ディズニーの入場券は何種類あって各種いくらする?

こういった疑問が出てきた時にすぐ「検索する」と思えるようになることが必要です。

慣れないと検索ではなく電話確認をしてしまったりするので、癖になるまでは意識が必要です。

答えが出てくる的確なキーワードを選定できるようにする

検索することに慣れてきたら次のステップです。

「どういった言葉で検索すればいいのかわからない」という壁にあたります。

例えばドコモのスマホを使っていて、迷惑メールが来た場合

「ドコモ 迷惑メール 対策」のように検索できれば問題ありません。

しかし慣れていないと

  • 知らないアドレスから何度もメール
  • 知らない人からメール ご飯

等で検索をしてしまい、自分の求める答えにたどり着きません。
*実際に検索されたことのあるキーワードです。

検索をするときは短い単語を2~3個組み合わせます

先程の美容院やディズニーのチケットで考えた場合

  • 美容院名 定休日
  • ディズニー チケット

のように検索します。
先程の迷惑メールのときと同じ感覚です。

各サイトを比較して自分の求めた結果に一番近いものを探す

検索ワードに慣れてきたら最後の壁です。

どれほど正確に検索したつもりでも、自分の求めた結果にたどり着かなければ意味がありません。

  • ドコモ 迷惑メール 対策

で調べた場合、ドコモのホームページが一番上に来ます。

概要が載っていますが、実際の操作方法にたどり着くのは難しいです。

もう少し下の方に表示されているブログ等にはスマホの操作方法を画像つきで解説しています。

操作がわからなければ対策できないので、自分が納得できるページを探せて初めて「使いこなす」になります。

例えば今回の場合だと

  • ドコモ 迷惑メール 対策 操作
  • ドコモ 迷惑メール 設定

等、単語を切り替える必要があったかもしれません。

このように検索ワードは無数にあり、それぞれにゴールが違います。

まとめ

  • 使いこなすとは「検索によって問題解決することが出来る」事
  • 検索で解決するにはいくつかの段階が必要
  • 答えにたどり着くまでは検索ワードは何度も試す

今回は迷惑メールや定休日、チケットなどを例にしました。

例えばこれがスマホの故障や機種変更時のデータ移行等も自分で対応できるようになれば十分に「使いこなしている」と思います。

難しいと思いますが、慣れてくると検索も楽しいので試してみていただければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク