iphone6sがdocomo withで再販!格安SIMと同等でiPhoneが使えるレベルに

iphone




「2018/9/1~ドコモならiPhone6sが月々280円から!」のキャッチコピーで再販されたiphone6sですが販売終了になります。

*2019/2/27よりiPhone6sではなくiPhone7に切り替わります。
一括価格はiphone6sと変わりません。
iPhone7用の記事は現在作成中です。

本格的に格安SIMに対抗してきた感じがします。

280円はちょっと言い過ぎましたが

現実的に考えて月々

  • 2,140円(6GB)
  • 2,440円(10GB)

これなら十分に格安SIMと張り合えます

docomo with対応なので基本料金が安いです

  • 条件に合うならドコモ
  • 合わないなら格安スマホ

基本概念は変わりませんが

最新じゃなくていいからiPhoneを使ってみたい

この場合は響くでしょう。

条件などについてはコチラ

ドコモの料金プランで格安SIMに勝てるのか?

約3年前の機種は長期利用可能か?

iPhone 6sは3年前のモデル

毎年iOSがバージョンアップしていきますが

何年持つかは予測でしかわかりません。

今年のiOS12は一番古くてiPhone 5s

このペースで考えた場合

大よそ2~3年でOSバージョンアップが打ち切られます。

Androidは2年前後なので、それに比べればだいぶ長いですが

iPhone 6sを最新OSで使える期間は考えた方がよさそうです。

WebやLINEなどがメインなら

「そんなものは気にしない!」

と思って購入しましょう。

【対策】ケータイ補償で本体をアップグレード

iOSバージョンアップが打ち切られた場合

最新OSを使うなら機種変更しなければなりません。

しかし別ルートが存在します!

それはケータイ補償で本体交換をする方法です。

docomo withの値引きは端末購入によって

対象外機種へ機種変更した場合になくなります。

しかしケータイ補償センターの在庫不足による機種変更は値引きが継続します。

運の要素が強いので

docomoがiPhone 6sの在庫を蓄えていた場合は諦めるしかありません。

補足事項
iPhone以外のdocomo with対象機種も同一条件
インフォメーションセンターへ確認済み

容量は32GBで足りるのか

iOSでおおよそ10GBほど持っていかれ

0GBまで使えないので2GBぐらいの余裕を考えると

実際に使えるデータ量は20GBほどです。

写真や動画を沢山撮る方からすると少なく感じますよね。

容量の対策はこの3つ!
  • クラウド保存
  • PCへデータを逃がす
  • 外部ストレージを使う
ドコモユーザー
クラウドって言ってもよくわからないし

パソコン立ち上げるのもめんどくさい…!

このパターンが不安な方にオススメなのが

外部ストレージ

データをUSBメモリへ逃がしましょう!

iXpandはドコモショップでも販売されています。

最近はもう少し小さい物も販売されましたが高いので…

USBメモリはiPhone 6sと同じ32GBのストレージで価格もお手頃。

容量が不安な方は先に揃えておくと便利です。

created by Rinker
docomo select
¥9,400 (2019/04/23 14:53:34時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

最新じゃなくていいから安くiPhoneがほしい

今までこう感じていた人はチャンスです。

このチャンスは店側も乗って来るはず

必ず特価店舗を探しましょう!

特化店舗の探し方はコチラ!!

ドコモの特価店舗の探し方とは?iPhoneXを例にして解説

 

逆に9月まで待って最新機種がほしい方。

コチラの記事を読んで少しでも備えておくと安く買えます!

格安スマホより安い!?ドコモでiPhone8 Plusを月々2,000円台で持つ方法とは

スポンサーリンク
スポンサーリンク