ドコモのdカードは還元率が高い!空港ラウンジも使えます

dカード




 

月々の料金についての考え方 その1の続きです。

料金プランの仕組みだけでは解決できない部分をdカードを利用して安くします。

ポイントをうまく活用して料金を抑えるという考え方で、具体的には月々-2,000円程、または機種変更実質無料かそれ以下です。

dカードGOLDを作らないとこれは実現できません。

年会費1万円のカードですがそれ以上の返りがあるので必須です。

 

利用料金の10%還元

月々の料金が9,000円だとします。単純にその料金の10%がポイントで還元されるので

900point/月

900×12=10,800point/年

このような計算になるのでカードを持つだけ、何もしなくても回収可能です。

例として

1.カケホーダイ+SPモード+データSパック+ドコモ光(集合住宅)

=600+400→1,000point/月(12,000point/月)

2.カケホーダイ+SPモード+ウルトラシェアパック30+ドコモ光(集合住宅)

=1400+400→1,800point/月(21,600point/月)

このようなイメージです。

これだけで元がとれるorそれ以上お得になります。

基本料金がこれに満たない場合は家族カードを作りましょう。

最大3枚まで作ることができ、最初の1枚目は年会費無料。2枚目以降1,000円/枚の年会費です。

1枚のカード=紐付いた1つの番号に対しての還元率10%

となるため、還元率を増やすために家族カードを増やせば問題ありません。

注意点として

*一部サービスは利用料金対象外となる

これは、月々サポートで利用料金が低くなったり分割の端末代金やSPモード決済等の部分は10%還元にならないということです。

ただ、簡単に確認するならmy docomoから利用料金を見て頂くのが早いです。ポイント対象の利用料金も書いてあるのですぐにわかります。

年間利用額特典

公式サイトより年間100万円以上利用で1万円、200万円以上で2万円分の選べる特典を進呈しますというもの。

水やお米にしてもいいですし、携帯の購入代金や旅行代金にも使えるので使えない特典というわけではありません。

200万は無理でも100万ラインなら意識の問題でクリアできます。

単純計算として

収入-貯金=支出

なので、支出分のどこまでをカード払いできるかという考え方です。

細かく見れば83,500円/月 と考えてもいいでしょう。

例として

  • 電気、ガス、水道代
  • 保険代
  • ケータイやネット代
  • 普段のカード決済できる物全般(食費や服飾等)

以下可能であれば

  • 家賃
  • 通勤定期代
  • 国税(固定資産税等)

をdカードで支払いすれば100万はいけます

賃貸で家賃をカード払いできると強いです。賃貸でなく持ち家の場合は固定資産税で多少なりカバーできるイメージです。

それでも足りない場合は海外旅行や引っ越し、大きな買い物(家電等)を購入するときにdカードを使うことです。

*家電などは量販店のカードの特典が強い場合はそっちを使う方がトータル得になることがあります。

通常の買い物で1%還元、特約店は+α

通常カード決済(iD決済)としては1%還元

そして2018/5/15現在

  • ローソン最大5%
  • ノジマ3%
  • その他特約店で+1~4%

*商品などの条件あり

特約店として最近追加されたマツモトキヨシは3%還元なのでかなりお得です。

それ以外の特典も多数

ケータイ補償についてはdカードGOLD補償の記事で書きましたが、これ目当てだけでも元はとれます。

海外旅行保険については実際に公式HPを見るかセンターへ聞いてしまったほうが早いかなと思います。

dカードGOLD補償はiPhoneと抜群の相性!

どのように月々の料金に反映させるか

ここが最大のポイントですが、今までの内容を踏まえて仮に

  • 月々の携帯料金とドコモ光で年間12,000pt貯まる
  • 年間100万円は利用する
  • ある程度特約店も使う(特約ポイントは+0.5%とする)

として

1年間で12,000+15,000=27,000point

*年会費は年間利用額特典で相殺するものとする

これを月々の携帯代金に充当すると2,250円/月安くなることになります。

または、2年に1回機種変更するとしてポイントは54,000たまります。

例えば今のiphone 8 64GBの実質価格は31,104円なので

31,104-54,000=-22,896円(-954円/24か月)

になります。機種変更すれば機種代は2年利用で0円、月々の料金も通常より約1,000円安いです。

以前の記事で書いた下取りも使えばより安くなります。2年ごとに新機種を負担なしどころかそれ以下で使えるのはかなりお得。

前回のプランについてと、今回の内容も実行できればドコモ利用の価値がはっきり出てきます。

格安SIMに匹敵するレベルなので、なんとなく「ドコモは高い!」と思っている方は是非実行してみましょう。

次回予告

次回は、オプションについてです。

オプションを付けることにより携帯料金は上がりますが、トータルとしての支出を抑えられる内容です。

見た目の月額に囚われない考え方になります。

コチラからどうぞ!

ドコモのオプションはうざい?解約する前に使ってみませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク