dカードケータイ補償はiPhoneと抜群の相性!

iphone

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています




ドコモユーザー
なんでiPhoneだといいの?
y's
Apple storeで交換したときの料金が還元されるからだね!

「補償対象外修理サービス」で交換をするとdカードケータイ補償の対象になります。

Apple公式サイトにある「その他の修理(補償対象外)」の金額で交換されると

その費用に応じた最大10万円が還元されます。

年1回までの利用ですが、これがあればその他補償はいらない人も多いのではないでしょうか?

Androidと比較していきましょう。

補償対象は具体的にどのパターン?

iPhone,Android共通条件
  • 購入から3年以内
  • 紛失、盗難、修理不能
  • 1年に1回までの適用
  • 補償金額は上限10万円(本体代金+事務手数料)
  • dカード GOLDでの決済
注意事項

  • 修理可能な場合は自己負担で修理が優先される
  • 10万円以上は自己負担(ポイントを利用して調整は可能)
  • 分割払いの場合は頭金と事務手数料のみ対象

気を付けるのは修理では適用不可と一括払いが必要なことです。

ではandroidとiphoneの交換判定の違いを見ていきましょう。

androidは修理可能であれば自己負担

スタッフ側がその場判断で「修理不可」と判断できる内容でなければ修理行きであり、修理可能であれば自己負担決定です。

「画面が割れた、電源が入らない、充電が出来ない」このレベルでは基本的に修理されると思っておきましょう。

おおよそ直ります。

修理不可の目安は公式HPですが

  • 水濡れ
  • 全損(目安は変形や真っ二つ)

の2つです。

または紛失・盗難のように本体が手元にない場合に限ります。

iPhone

一旦apple storeか正規サービスプロバイダへ持っていきます。

Appleの対応はApple公式サイトを参考にします。

画面破損は概ね修理、それ以外の故障は交換と考えていいでしょう。

参考として「カメラのレンズにヒビが入っている」「電源ボタンが陥没している」

2つの症状でApple storeに行きましたが交換という判断でした。

画面が破損するような衝撃があればどこかしらは壊れて交換になる可能性が高いと判断しているのでしょう。

噂程度ですが本店よりも正規サービスプロバイダのほうが交換判断になる可能性が高いと聞いたことがありますが詳細は不明です。

実際の手続きの手順は?その日に終わる?

即日終わります。

新しい端末をその日に持って帰れるのは修理もケータイ補償もできません。

Androidでの対応(iPhoneはAppleStoreにドコモ誘導された場合)

dカード GOLDと故障機種をもってドコモに行きます。

補償適用可能であればあとはスタッフまかせでOKです。

*紛失・盗難の場合は事前に交番または警察署で遺失届、盗難届を出して受理番号を用意しておきましょう。

窓口でdカードセンター担当者に注意事項を伝えられてから同一機種を購入します。

同一機種、同一カラーがない場合はドコモ(店舗)側からの指定が入りますが基本スペックが下がることはありません。

手続きの際はdカード GOLDを利用して一括払いで本体代金を支払います。

*紛失・盗難の場合は事前に交番または警察署で遺失届、盗難届を出して受理番号を用意しておきましょう。

後日(一週間前後)自宅へ「事故報告書(兼)補償金請求書」が届きますので必ず返送しましょう。(事故発生日から60日以内)

あとは審査結果を待つのみ。

封書にて届くので審査が通っていればdカード利用料金からの減額(利用料金が満たない場合は紐付いている口座へ振り込み)されます。

*噂では嘘の申告が無ければ審査OKと他のブログで書いてありましたが、審査内容は未公開の為不明です。

しかし「審査が通らなかった」口コミも見当たらないのであながち間違ってないと思います。

iPhone交換手続きの流れ

故障端末とdカード GOLDをもってAppleStoreまたは正規サービスプロバイダに行きましょう。

そこで「補償対象外修理サービス」で交換になったら

代金をdカードで一括払いします。

そのあとdカードセンターへ「事故報告書(兼)補償金請求書」を送付してもらうように電話すればOKです。

ドコモへ行くのであれば盗難・紛失の場合です。

iPhoneならば一度、dカードセンターへ状況を伝えてから動くほうが安心です。

ドコモを通さないので実は補償対象外で自己負担になった場合はかなり痛いので。。。

dカード GOLDデスク
0120-700-360
受付時間 午前10:00~午後8:00(年中無休)

意外な落とし穴

この補償はかなり強いですが1つだけ落とし穴があります。

故障機種側の「端末購入サポートの解除料は自己負担」です。

購入時のサポート金額が高ければ解除料も4万円近くになるので思わぬところで負担が出てしまいます。

また、新しく購入する端末が端末購入サポート対象機種の場合は適用するか否かは選べます。

10万円以上するのであれば適用しつつ、いったんケータイ補償に入るという選定が妥当です。

現在は端末購入サポートの解除料も免除されるため、特に弱点が見当たらないほどお得になりました。

以前はこの弱点の為にケータイ補償を加入せざるを得なかったのですが、これは非常にいい改善点です。

端末購入サポート
機種の一括価格を値引く代わりに1年未満の機種変更や解約など
条件外の手続きをすると2~5万の違約金が発生する1年縛り

まとめ

ケータイ補償で100%料金のかかる交換かつリフレッシュ品になるのであれば

dカードケータイ補償は新品ですし10万未満は自己負担ゼロという魅力があります。

同一機種・同一カラーの在庫は基本的に1年越えしていれば販売されていないので

新しい機種へ強制機種変更(交換機種が10万円未満なら負担なし)になる可能性もあるのはいいですね。

もちろん不正利用は絶対NGですが。

補償以外にも特典が沢山あるのでdカード GOLDは他のクレジットカードよりも非常に使い勝手がいいです。

使い方についてはコチラから

dカード GOLDの特徴や特典は?初年度と2年目以降の年会費の考え方

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク