ドコモのカケホーダイプランとは?基本料金はいくら?

料金プラン




今からスマホやケータイを購入する場合

基本的には「カケホーダイ&パケあえる」プランが適用になります。今回はスマホの通話と通信(パケット)に分けて解説します。

最適プランを選ぶ目安を書いているので詳細はこちらから。シミュレーションもできます。

シェアパックの詳細や他社比較は別記事でご紹介します。

通話プラン

こちらより

・カケホーダイプラン(スマホ/タブ)

・カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)

・シンプルプラン(スマホ)

の3つに分かれます。

2018.2現在「シンプルプラン」のみウルトラデータLパック以上、またはシェアパック5以上でないと加入できません。

 

目安として

・月1回以上、1度の通話時間が30分以上ある場合

・月5回以上、10分程度の通話をする

上記内容にあてはまればカケホーダイ、それ以下であればカケホーダイライトです。

シンプルプランは単純に

・月の通話時間が18分以内

であれば選ぶべきです。

通信プラン(データパック)

こちらより

1人で利用する場合は2~30GBから選べます。

5GBで5,000円、20GBで6,000円のラインが分かれどころです。

データ量の確認はスマホより

dメニュー→お客様サポート→データ量 から確認可能です。

全く使わなければ2GB それ以上は自身のデータ量と値段の相談です。

*現在はベーシックパックとウルトラパックの2つに分かれていますが考え方は変わりません。

必ず5GBをきるならベーシック、それ以上ならウルトラと考えましょう。

データ量を減らすには

1.極力wifiを使う

2.モバイルネットワーク(4G,LTE,3G)を利用しての

・動画視聴および送受信

・LINEやスカイプなどのインターネット通話

・常時接続のオンラインゲーム

この3点を避けること。可能であれば動画や電子書籍を見る場合は事前に本体にダウンロードしておくことです。

私は職場がwifi環境あるのでこんな感じ。2/22確認データです。

営業職で4G使わざるをえないとか、仕事で大量のデータやりとりをするわけではないので少なめです。

今後注目する点

カケホーダイ&パケあえるプランは2014/6/1に開始されました。

当初はカケホーダイライトなし、シンプルプランなしからのスタート。

シェアパックも10以上から、ウルトラデータパックもなし。

という状況から今の条件に変化し続けてきました。

旧プランのタイプXiはあまり変化することなく3年弱で新規申し込み受け付け終了しました。

それを考えれば現在のプランは少しずつ変化を加えて長く使っていくスタンスです。

大きなターニングポイントとしては2020年提供開始をめざしている5Gの存在。

FOMAがXiに変わった時のように根本からプランをかえると思われます。

提供開始が決まったらすぐに自分の使用状況と新プランを把握して最初から最安で使いたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク