iphoneの音声入力が実はすごい!慣れればフリック入力より断然早いです。

コラム




今回は短めの記事ですが、音声認識(入力)を実際使ってみて環境が変わりました。

嘘だと思う方、とりあえず文字入力画面でマイクボタン押してしゃべってみてください。

知らない間に音声認識が非常に使いやすくなっている

ブラインドタッチと同じぐらい早いです。フリック入力よりは断然早いので長文を打つ時は音声認識以外は考えられません。

強いて言えば漢字の変換等が多少変な時があるぐらいです。

キーボード打ちは都度直しますが、音声認識は文章を全部作ってから修正する感じです。見直す手間はありますが入力に対するストレスがないので楽です。

使い方は簡単で、キーボードの横にあるマイクボタンを押してしゃべるだけ。

ほぼリアルタイムで文字が出てきます。(利用機種がiPhoneなのでiOS向けに書いていきますが、Androidも大よそ同じ使い方です)

*タイピングと音声入力の参考画像、動画です。

キーボードでのタイピングはコチラを参考にしています。

私はこのくらいでした。早い方なのでしょう。

そして音声入力はコチラの動画を見て頂ければすごさがわかります。

別の方がUPしてくれてるものですが、Googleドキュメントと連携させると素敵ですね。

注意すること

・気持ち速度を落としてしゃべる(普通の会話口調は読み取りされにくい)

・出来るだけ滑舌よくしゃべる

・、→「てん」 。→「まる」 改行→「改行」 等の記号入力の言い方

このくらいです。ちなみに記号入力の一覧はコチラです。まあここまでして覚えるなら文章喋って記号は手入力の方が早いと思います。

 

今回は以上で終了ですが、音声入力を使ったことがない方は是非使ってみてください。

ブラインドタッチが出来る方も感動しますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク